過払い請求(過払い金)

過払い請求(過払い金)とは

過払い金請求とは、サラ金会社、クレジットカード会社などに対し、グレーゾーン金利による払いすぎた利息分を請求する方法です。

消費者金融会社やクレジットカード会社は、キャッシングによりお金を貸した際に20%を超える高い利率を取っていました。それがグレーゾーン金利問題です。利息制限法によれば15%〜20%までしか利息は取れないことになっていたにもかかわらず、その金利を超えていた場合、払い過ぎた利息を判例上元本に算入してよいことになり元本が減っていきます。そして、元本が消滅した上で、サラ金会社などに対し、債務者が逆に請求することができる。そのため、回収が成功した場合、過払い金を利用して、他の残った債務の原資にあてるなど、債務総額をより減らすことができる利点がある。

過払い金請求は、法律、判例上の専門的な知識が必要であり、交渉も難しく、訴訟も行わなければならない場合もあるため、弁護士などの法律専門家に依頼して行う必要がある。

過払い請求(過払い金)の注意点

最近、過払い請求により、金融機関の財務状況が悪化しているため、倒産するなど回収することが難しくなってきている。そのため、できるだけ早期の相談が必要となっている。

【みなみ総合法律事務所が選ばれる理由】も是非お読みください

過払い請求(過払い金)の手続

弁護士への無料相談
依頼
受任通知の発送
取引履歴の計算
金融機関との過払い返還交渉
【和解】和解により、過払い金の返還
【裁判】交渉が難航した場合は、裁判により、過払い金の返還

無料借金相談